今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
手ブレと価格で決めました!~ビデオカメラの選び方
【今日の夕食】
 ここ半年ほど、熱が出ない娘(1歳10ヶ月)でしたが、今日は久しぶりに熱がでました。38.5℃。しかし元気があり、よく遊んでいます。毎度ながら、熱が出ても、見た目は変わりません。
 今日は冬至なので、かぼちゃです。
r20121221.jpg
★米飯

★かぼちゃスープ

★肉じゃが
 具は、牛肉・じゃがいも・人参・たまねぎ・いんげんです。冬は、煮物を食べたくなります。

★4点盛りプレート
・かぼちゃ煮
・冷奴
・のり
・みかん

妻の料理を応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】 手ブレと価格で決めました!~ビデオカメラの選び方
 ビデオカメラを買いました。妻が、娘(1歳10ヶ月)を撮りたいと、強く主張したためです。使う機会がなさそうと、当初は反対していました。しかし、売り場で見てみると、思ったよりも安い。予算3万円で、買うことにしました。ビデオカメラを買うのは、初めてのことです。
 買ったのは、こちら。パナソニックのデジタルビデオカメラ、「HC-V300M」です。価格は、25700円でした。先日、妻の兄宅を訪問した帰りに、千葉駅前のヨドバシカメラで購入。当初予算よりも、だいぶ安くあがりました。
20121221z1.jpg20121221z2.jpg


★ビデオカメラの候補
 このビデオカメラを買う際には、各社のビデオカメラを比較しました。価格帯と好みから、次の2種類が候補にあがりました。
a)パナソニック、HC-V300M 
b)ソニー、CX270V

 重視した条件は、次の点です。
・手ブレ補正機能が高いこと。
・バッテリー持続時間が長いこと。
・価格が3万円程度のこと。
 画質も重要なのかもしれませんが、初めてのビデオカメラなので、どれを買っても十分だろうと考えました。


★スペック比較表を作る
 カタログだけ見ていても、比較は難しいです。そこで、スペックを表にしました。下の通りです。
メーカーパナソニックソニー
型式HC-V300MCX270V
撮像素子1/5.8型
裏面照射型MOS
1/3.91型
裏面照射型CMOS
有効画素数(動画)112万~133万(16:9)223万(16:9)
有効画素数(静止画)112万~130万(16:9)223万(16:9)
レンズ F値F1.8~F4.2F1.8~F3.4
ズーム光学38倍
エクステンド50倍(iAモード)
デジタル100倍・400倍
光学30倍
エクステンド55倍
デジタル350倍
レンズカバー開:自動
閉:手動
開:自動
閉:自動
液晶モニター2.7型タッチパネル3.0型タッチパネル
内蔵メモリー32GB32GB
内蔵メモリー録画時間最大13.7時間(5Mbps)最大11.9時間(5Mbps)
手ブレ補正光学式+電子式
5軸補正
光学式+電子式
3軸補正
付属バッテリー持続時間使用時間 :約1.9時間
実撮影時間:約1時間
使用時間 :約2.4時間
実撮影時間:約1.2時間
実勢価格
(当方調査、2012/12月)
3.0万円前後3.5万円前後

 手ブレ補正の5軸とは、次の5方向を示します。
 1)上下
 2)左右
 3)レンズ中心軸回りの回転(ローリング)
 4)前後向きの回転(ピッチング)
 5)左右向きの回転(ヨーイング)
 パナソニックは1~5の5軸を、ソニーは1~3の3軸を補正します。パナソニックの5軸補正では、上の5方向の振動をセンサで検出して、レンズの移動(上下・左右)と電子的な処理で補正しているようです。ただ、5方向を検出しますが、画像は2次元なので、補正は3方向(上下・左右・ローリング)だけのはずです。したがって、補正内容としては、ソニーの3軸補正と大差ないと思われます。
 
 こうしてまとめてみると、ビデオカメラとしての基本的なスペックは、b)ソニーのほうが高いようです。画素数が2倍近くあり、画質が高そうです。ただし、価格は高めです。
 バッテリーの持ちは、大差なさそうです。
 

★手ブレ補正機能を比較する
 気になる「手ブレ補正」は、どうなのか。売り場で現品で撮り比べてみても、よく分かりません。ネットで調べてみると、次のサイト[1][2]が参考になりそうです。
[1]価格コム;価格コムマガジン-2012春の新型ビデオカメラ3機種決戦!-手ブレ補正機能
http://magazine.kakaku.com/mag/camera/id=739/p=p2/
[2]価格コム;価格コムマガジン-2011春の新型ビデオカメラ3機種を徹底比較-“手ブレ”をホントに軽減できる?
http://magazine.kakaku.com/mag/camera/id=393/p=p2/

 上のサイト[1]では、パナソニック・ソニー・キャノンの2012年の上位モデルを比較しています。次の3機種で同じ条件で撮影して、手ブレの程度を比較しています。①歩きながら撮影、②階段を上りながら撮影、③めいっぱいズームして撮影、の3条件です。動画が掲載されているので、とても参考になります。
 ・パナソニック:HC-V700M
 ・ソニー   :HDR-PJ760V
 ・キャノン  :iVIS HF M52
 パナソニックのHC-V700Mは、カタログを見る限り、上で検討したHC-V300Mと、同じ手ブレ補正方式を採用しているようです。したがって、サイト[1]の結果を参考にできます。
 一方、ソニーのHDR-PJ760Vは、上で検討したCX270Vとは、異なった手ブレ補正方式を用いています(レンズユニットを浮かせた「空間手ブレ補正」という方式)。このため、残念ながら、このサイト[1]は参考になりません。

 ソニーの手ブレ補正の程度は、2011年モデルを紹介したサイト[2]が参考になりそうです。このときのソニーの製品はHDR-CX560V。空間手ブレ補正ではなく、従来型の光学式+電子式の手ブレ補正のようです。上で検討したCX270Vでも、手ブレ補正機能は同程度と思われます(1年経っているので向上しているかもしれません)。
 ただ、パナソニックの2011年モデルHDC-TM90は現在より劣る補正方式(4軸補正)のため、ここでもソニーとパナソニックの直接の比較ができません。

 ここで、サイト[1][2]で扱われた2011年・2012年モデルでの、手ブレ補正方式を整理しておきます。
・パナソニック
 ・2011年:HDC-TM90  …4軸補正(ローリング補正なし)
 ・2012年:HC-V700M  …5軸補正(ローリング補正あり) ←HC-V300Mと同様
・ソニー:
 ・2011年:HDR-CX560V …3軸補正(ローリング補正あり) ←CX270Vと同様
 ・2012年:HDR-PJ760V …空間手ブレ補正(レンズユニットを浮かせた方式)


★どちらの手ブレ補正が優れるか?
 サイト[1][2]でのパナソニックとソニーの比較結果は、次の通りでした。
・2011年時点では、
 ・歩きながら撮影は、ソニー(3軸補正)がパナソニック(4軸補正)よりも優れる。
 ・ズーム撮影は、ソニー(3軸補正)よりもパナソニック(4軸補正)が優れる。
・2012年時点では、
 ・歩きながら撮影は、ソニー(空間補正)とパナソニック(5軸補正)で同レベル。
 ・階段撮影は、ソニー(空間補正)が優れる。
 ・ズーム撮影は、ソニー(空間補正)とパナソニック(5軸補正)で同レベル。

 上の結果から、以下が推察されます。ここで、同一メーカーの製品では2012年が2011年より優れると仮定しています。
・歩きながら撮影:
 パナソニック(5軸補正)≒ソニー(空間補正)>ソニー(3軸補正)>パナソニック(4軸補正)
・階段撮影:
 ソニー(空間補正)>パナソニック(5軸補正)
・ズーム撮影:
 ソニー(空間補正)≒パナソニック(5軸補正)>パナソニック(4軸補正)>ソニー(3軸補正)

 私が購入を比較検討する製品は、パナソニック(5軸補正)と、ソニー(3軸補正)です。上の結果を見ると、パナソニック(5軸補正)が、優れていそうです。(最も優れたものはソニー(空間補正)ですが、これは高価すぎて買えません。)

 そんなわけで、手ブレ補正に関しては、パナソニックの勝ち、と結論しました。


★結論:パナソニックに決めました
 以上の通り、次の2機種を比較しました。
 ・パナソニック:HC-V300M
 ・ソニー   :CX270V

 比較の結果、次のことが分かりました。
 ・基本スペックは、ソニーが優れていそう。
 ・手ブレ補正機能は、パナソニックが優れていそう。
 ・価格は、パナソニックの方が、約5000円安い。

 初めてのビデオカメラなので、使いやすさと、価格を優先しました。画質は無視しました。その結果、パナソニックのHC-V300Mを買うことに決めました。パナソニックは、私も妻も好きなメーカーです。


 久しぶりのデジタル製品購入です。比較しながら決めるのは、とても楽しいです。


応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


手ぶれ補正
ビデオカメラ購入おめでとうございます。
手ぶれ補正って重要な機能なんですけど、
安いものでも三脚があるといいかもしれませんよ。
どんな高機能な手ぶれ補正も三脚にはかないません。
特に遠くのものをズームで撮ってる時に手ぶれ補正機能が頑張ると
細かい手ぶれを振幅の大きいぶれに変換してくれるので
見ている人が乗り物酔いするような映像になります。
(うちの嫁が撮る動画はいつもそう。)

あと音楽教室の発表会みたいに動くエリアが限られている被写体だと
なおさら三脚固定の方が見やすい映像になる気がします。
かずひと | URL | 2012/12/22/Sat 13:42 [編集]
> かずひと さん
 確かに、細かいぶれは少ないのですが、ゆっくりとした揺れが気になります。それに、長時間手で構えていると、後日筋肉痛になりそうです。
 三脚は、設置場所が問題ですが、手頃なものがないか、探してみたいと思います。ありがとうございます。
マツジョン | URL | 2012/12/22/Sat 21:52 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.