今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
ホットックを作りました~共立食品ホットクミックス
【今日の夕食】
 今日は、妻と娘(2歳)と、平塚市(神奈川県)の「平塚市総合公園」に行きました。以前にも、何度か行ったことのある公園です(→こちらの記事)。娘は、ふれあい動物園でヤギやヒツジにエサをあげたり、冬なのに水場に入ったりして、楽しく遊んでいました。最近は体力がつきました。今日は、昼寝をしていません。
r20130302.jpg
★米飯

★みそ汁、わかめ・ほうれん草

★おでん
 生協の、温めるだけのおでんです。だしの風味がよく、おいしく頂きました。

★きゅうりチャンプルー
 沖縄土産のランチョンミート「わしたポーク」を使いました。きゅうりの値段がようやく下がってきて、買えるようになったそうです。

★りんご、デコポン

妻の料理を応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】 ホットックを作りました~共立食品ホットクミックス
 韓国菓子の「ホットック(호떡;ホットッ、ホトック、ホットク)」が好きです。これまで、通販で買ったミックス粉で、何度か作っています。次の2種類について、当ブログで紹介しました。
 a)「チョンジョンウォン(청정원)」の「ウリッサル ホットックミックス(우리쌀호떡믹스)」→こちら
 b)「ベクソル(백설)」の「チャブッサル ホットックミックス(잡쌀호떡믹스)」→こちら

 上の2種類は、ともに本場韓国の製品です。今回、近所のスーパー「西友」で、日本製と思われる品物を入手しました。「共立食品」の「ホットクミックス」です。
 内容は、ミックス粉とシナモンシュガー、ドライイーストのセットです。ミックス粉とシナモンシュガーは、日本製だそうです。
20130302z1.jpg
 日本製品なので、作り方の説明が日本語です。
20130302z5.jpg
 作り方は、以前のものと、ほぼ同じです。おおまかな手順は以下。
1)ドライイーストを、所定量のぬるま湯で溶く。
2)ミックス粉を1に入れて、5~6分こねる。
3)できた生地を小分けする。
4)小分けした生地に、シナモンシュガーを包んで丸める。
5)フライパンで焼きながら、平たくつぶす。

 下の写真がシナモンシュガーです。韓国製品には、ナッツ(ピーナッツ?)が入っていたのですが、この製品では、ただのシナモンシュガーでした。ナッツを入れると、もっと風味が増すかもしれません。また、韓国製品では包みきれないほど多量のシュガーが付いていました。しかし、この製品では、あまり量がありません。以前の勢いで包んでしまったので、最後のほうでは、シュガーが不足してしまいました。
20130302z3.jpg
 できあがりです。1箱で、5枚作れます(1枚は切って娘に与えたため、写真には4枚)。後半に作った2枚はシナモンシュガーが足りなかったので、手元にあった「はちみつバター」を塗ってみました。
20130302z2.jpg
 中身です。とけたシナモンシュガーが溶けて、アツアツです。ただ、ナッツが入っていないので、ひと味足りない気がします。自前でナッツを入れるべきでした。残念です。
20130302z4.jpg
 また、韓国製品では、生地がモチモチと歯ごたえがありました。しかし、こちらの製品は歯触りが固く、少し粉っぽい気がしました。期待したほどの味ではありませんでした。


 韓国製品は、a)が約400円、b)が約600円でした。今回の製品は約350円。韓国製品は、やや高価ですが、今回の品物の約2倍の量(約10枚)を作れます。また、味も、韓国製品がだいぶ優れている気がしました。



応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.