今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
防水デジタルカメラの選び方~2013年モデル比較
【今日の夕食】
 昨晩、娘(2歳1ヶ月)が、久しぶりに熱を出しました。40℃を超える、高熱です。妻が、病院に連れて行きました。今朝になって、一度熱が下がり、安心していたのですが、夕方から、また熱が上がってしまいました。食欲もなく、心配です。私と妻も食事の時間が不規則になってしまいました。私が調理したため、質素な夕食です。
r20130406.jpg
★米飯

★みそ汁、わかめ
 実家で頂いた「三陸産わかめ」がたっぷりです。

★ソーセージ、炒り卵

★豆腐

妻の料理を応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】 防水デジタルカメラの選び方~2013年モデル比較
 最近、デジタルカメラの調子が、芳しくありません。遠くのものを撮影しようとすると、まったくピントが合いません。露出調整もおかしいようで、画面が白っぽくなりがちです。このカメラは、カシオの「EXILIM(エクシリム)」、形式は「EX-Z450」です。購入は、2010年1月。価格は、2万円強だったと、記憶しています。
20130405z1.jpg20130405z3.jpg
 1年ほど前にも、故障がありました。このときには、ズームつまみを回しても、ズームができなくなってしまいました。また、今回と同様、ピントが合わなくなる現象もありました。ヨドバシカメラの無料保証期間だったので、修理を行いました。しかし、修理から1年ほどでの、再度の故障です。原因は、何でしょうか。


★故障の原因は
 原因は、カメラの扱いが荒いことにありそうです。具体的には、次の2点が主原因ではないかと考えています。
1)ズームつまみ付近の水濡れ。
2)レンズ周辺部への荷重付与。

 私はかつて、当ブログにて、自分の作った料理を紹介していました(今は、妻の料理が主です)。このときには、料理の調理過程を記録するために、濡れた手でカメラを扱うことが多かったです。ズームつまみ(シャッターと一体)の周辺は、可動のための隙間があるので、水濡れに弱かったのかもしれません。この水濡れが、1回目の故障の主要因だと考えています。

 コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)では、撮影時だけレンズ部分がせり出してくるタイプが多いです。しかし、この構造だと、レンズがせり出しているので、手で触ったりしたときに、レンズ周辺に荷重がかかりやすい欠点があります。
20130405z2.jpg
 娘(2歳1ヶ月)は、このカメラで画像を見たり、撮影をしようと試行錯誤したりするのが好きです。このため、レンズの周辺を手でゴリゴリと触ります。レンズは本体から突出しているため、触る力が小さくても、根元付近には大きな力がかかっている可能性があります(テコの原理)。そして、大きな力が加わると、レンズ群の相互位置(アライメント)に狂いが生じたり、ズーム等の駆動部に不具合が生じたりすることが、想像できます。


★扱いが荒くても安心な「防水デジタルカメラ」
 カメラの扱いは習慣です。再度修理に出しても、また同じように壊れると思われます。そこで、扱いが荒くても安心な、頑丈なデジタルカメラを探すことにしました。探すときのポイントは、次の2点です。
1)多少の水濡れは許容されること。
2)レンズがせり出さない構造であること。

 これらの要求を満たしそうなカメラが見つかりました。いわゆる「アウトドア向け」のデジタルカメラです。各メーカーが用意しており、「タフカメラ」、「タフネスカメラ」、「アウトドアモデル」、「タフコンパクト」、「防水モデル」などと呼称されるようです。本記事では「防水デジタルカメラ」と呼びます。いずれも防水機能があり、レンズがせり出さない構造(光軸折り曲げ式ズームレンズ;可動レンズが露出せず、内蔵されている)です。
 なお、防水機能を持つデジカメには、タッチパネルで操作する、スマートフォンのようなタイプもあります。例として、富士フイルムの「Z2000EXR」などです。これらも、レンズがせり出しません。しかし、タッチパネルの操作であり、従来と操作感が大きく違うため、除外することにしました。

 以下、各社カタログ(2013/3時点で最新と思われるもの)から、形式を列挙します。(カシオは現在、防水カメラを用意していないようです。)
メーカー形式発売日価格 円
オリンパスTG-22013/ 2/ 842,500
TG-8302013/ 2/2330,800
TG-6302013/ 2/2318,700
ソニーTF12013/ 1/2516,600
キャノンD202012/ 5/1023,800
ニコンAW1102013/ 3/835,800
パナソニックFT52013/ 2/2240,500
FT252013/ 2/1419,800
フジフィルムXP602013/ 1/2617,700
XP2002013/ 4/2729,800
ペンタックスWG-102013/ 3/ 820,500
WG-32013/ 3/1534,800(GPS付)
30,700(GPS無)
※発売日と価格は、ヨドバシドットコム[1]より。2013/4/5時点。 (XP200のみ,2013/5/1時点)
[1]ヨドバシドットコム;
http://www.yodobashi.com/index.html
 外観の一覧を、以下に並べます。



 価格帯は、おおむね次の2つに分かれるようです。
a)2万円前後の、廉価タイプ。
b)3~4万円の、高級タイプ。
 高級なタイプでは、GPS機能を搭載したり、より高い防水機能を持っていたりするのが、特徴のようです。登山や、ダイビングなどにも対応できる、ということらしいです。また、F値の小さい「明るいレンズ」を売りにしているものもあります(オリンパスTG-2など)。


 以下は、スペック比較表です。
a)廉価タイプ
メーカーオリン
パス
ソニーキャノンパナソ
ニック
富士
フイルム
ペン
タックス
形式TG-630TF1D20FT25XP60WG-10
価格18,700円16,600円23,800円19,800円17,700円20,500円
素子1/2.3' CMOS1/2.3' CCD1/2.3' CMOS1/2.3' CCD1/2.3' MOS1/2.3' CCD
画素数1200万1600万1200万1600万1600万1400万
ISO感度640032003200640064006400
F値3.9-5.93.6-4.73.9-4.83.9-5.73.9-4.93.5-5.5
焦点距離28-140mm25-100mm28-140mm25-100mm28-140mm28-140mm
光学ズーム×5×4×5×4×5×5
ズーム操作上面
左右レバー
上面
左右レバー
背面
2ボタン
背面
2ボタン
背面
2ボタン
背面
左右ボタン
撮影範囲W:3cm-∞
T:50cm-∞
W:1cm-∞
T:50cm-∞
W:1cm-∞
T:100cm-∞
W:5cm-∞
T:100cm-∞
W:9cm-∞
T:100cm-∞
W:1cm-∞
T:50cm-∞
手ブレ補正CMOSシフト光学光学光学CMOSシフト電子式
GPS機能なしなしなしなしなしなし
連写60枚/s1枚/s1.9枚/s8枚/s5枚/s
電池もち270枚200枚280枚250枚200枚
防水5m10m10m7m6m10m
防塵IP6XIP6XIP6XIP6XIP6XIP6X
耐寒-10℃-10℃-10℃-10℃-10℃-10℃
耐衝撃1.5m1.5m1.5m1.5m1.5m1.5m



b)高級タイプ
メーカーオリン
パス
オリン
パス
ニコンパナソ
ニック
富士
フイルム
ペン
タックス
形式TG-2TG-830AW110FT5XP200WG-3
価格42,500円30,800円35,800円40,500円29,800円34,800円(GPS付)
30,700円(GPS無)
素子1/2.3' CMOS1/2.3' CMOS1/2.3' CMOS1/2.3' MOS1/2.3' MOS1/2.3' CMOS
画素数1200万1600万1600万1600万1600万1600万
ISO感度640064003200640064006400
F値2.0-4.93.9-5.93.9-4.83.3-5.93.9-4.92.0-4.9
焦点距離25-100mm28-140mm28-140mm28-128mm28-140mm25-100mm
光学ズーム×4×5×5×4.6×5×4
ズーム操作背面
左右ボタン
背面
左右ボタン
背面
上下レバー
背面
左右ボタン
背面
左右ボタン
背面
左右ボタン
撮影範囲W:1cm-∞
T:10cm-∞
W:3cm-∞
T:50cm-∞
W:1cm-∞
T:100cm-∞
W:5cm-∞
T:30cm-∞
W:9cm-∞
T:100cm-∞
W:1cm-∞
T:40cm-∞
手ブレ補正CMOSシフトCMOSシフト光学+電子光学CMOSシフトCMOSシフト
GPS機能ありありありありなしあり/なし
連写60枚/s60枚/s8枚/s10枚/s5枚/s
電池もち350枚300枚250枚370枚300枚
防水15m10m18m13m15m14m
防塵IP6XIP6XIP6XIP6XIP6XIP6X
耐寒-10℃-10℃-10℃-10℃-10℃-10℃
耐衝撃2.1m2.1m2.0m2.0m2.0m2.0m
※価格は、ヨドバシドットコム[1]、2013/4/5時点。 (XP200のみ,2013/5/1時点)
※焦点距離は、35mm換算。
※撮影範囲は、マクロ撮影モードを含めた範囲。
※連写は、3Mサイズ。商品によっては、枚数が制限を超えると連写速度が低下する。
※電池もちは、CIPA準拠の撮影可能枚数。


★防水デジタルカメラを選ぶ
 次の条件を加えて、商品を絞り込みました。
3)予算は2万円まで。
4)妻と共用するので、ゴツすぎる外観はダメ。

 まず、予算は2万円ですが、デジタルカメラは値下がりが激しい商品です。上で紹介した商品の多くは、発売されたのが今年(2013年)の2月~3月です。これから、どんどん値引きされていくと思われます。(実際、店頭では、わずか1ヶ月で21000円→18000円まで値を下げたものもあります。)そこで、当面、2万円台までの商品を、選択肢としました。

 次に、外観です。これは、難儀します。各メーカーとも「アウトドア」を謳い文句にしているためか、ゴツい外観が多いのです。普通のコンパクトカメラのような、かわいらしい外観の品物が見つかりません。仕方がないので、これは明らかにダメだろう、という商品を除外して、残りから選ぶことにしました。(子供でも安心して使えるように頑丈なカメラが欲しい、というニーズはあると思うのですが、現状は各社ともアウトドア傾倒の傾向のようです。)

 以上の絞り込みから、次の防水デジタルカメラ、3種類が残りました。


 再び、スペックを比較します。現有のカメラとの差異も重要なので、これも表にしました。
メーカーオリンパスソニーパナソニックカシオ(現有)
形式TG-630TF1FT25EX-Z450
価格18,700円16,600円19,800円約2万円
素子1/2.3' CMOS1/2.3' CCD1/2.3' CCD1/2.3' CCD
画素数1200万1600万1600万1200万
ISO感度6400320064003200
F値3.9-5.93.6-4.73.9-5.72.6-5.8
焦点距離28-140mm25-100mm25-100mm28-112mm
光学ズーム×5×4×4×4
ズーム操作上面
左右レバー
上面
左右レバー
背面
2ボタン
上面
回転つまみ
撮影範囲W:3cm-∞
T:50cm-∞
W:1cm-∞
T:50cm-∞
W:5cm-∞
T:100cm-∞
W:10cm-∞
T:10cm-∞
手ブレ補正CMOSシフト光学光学CCDシフト
GPS機能なしなしなしなし
連写60枚/s1枚/s8枚/s
電池もち270枚200枚250枚550枚
防水5m10m7m
防塵IP6XIP6XIP6X
耐寒-10℃-10℃-10℃
耐衝撃1.5m1.5m1.5m

 3種類のカメラで、機能的には大差ないように思えます。現有カメラと比較しても、大差ないようです。ただし、電池のもちが半分くらいになってしまうのが、気になります。また、レンズの明るさを示すという「F値」が、現在の約1.5倍に悪化します。これが、画質にどう影響するのか、未知です。メーカーの変更による使い勝手の違いも、気になるところです。
 しかし、選択肢がないので、これらは我慢するしかなさそうです。


★現品を見ると
 スペック上は、甲乙つけがたいので、店頭で現品を確認しました。感想を列挙します。

オリンパス TG-630ソニー TF1パナソニック FT25
外観・形状に丸みがあり、ゴツくなくてよい。
・白色が気に入った。
・見た目がヤボったい。
・色が青・黒・赤で、気に入るものがない。
・形状は悪くないが、やや固いイメージ。
・白色が気に入った。
操作・ズームはレバー式。ズーム速度はそこそこ速く、不便は感じない。
・十字レバーの決定操作が、やや押しにくい。
・ズームはレバー式。ズーム速度はそこそこ速い。・ズームが2ボタン式で操作しにくい。ズームの速度が遅くて、イライラする。
撮影・連射は早いが、裏で保存作業をしている模様。保存作業中は、再生できない。
・レンズが左上角にあるので、指がレンズにかぶりやすい。
・連写はストレスのない速度で可能。
・レンズが左上角にあるので、指がレンズにかぶりやすい。
・連写はストレスのない速度で可能。
・レンズが左上角にあるので、指がレンズにかぶりやすい。
画質・店頭で撮影確認の結果、特に問題なし。・店頭で撮影確認の結果、特に問題なし。・店頭で撮影確認の結果、特に問題なし。
再生・再生ボタンを押すと、すぐに画像が出る。・再生ボタンを押してから画像が出るまでに、少し時間がかかる。・再生ボタンを押すと、すぐに画像が出る。

 これらの結果から、当面の購入対象は、「オリンパス TG-630」としました。


 防水タイプのカメラで共通のネックは、次の点だと感じました。
・レンズの配置。(撮影者から見て)左上の角にあるものが多い。通常のカメラのつもりで扱うと、左手の指でレンズを覆ってしまう。
・レンズにカバーがない。傷や汚れの心配がある。持ち運ぶときには、ケースがあったほうがよさそう。
・ズームの操作性が劣る。通常のカメラのような回転つまみ式に比べて、操作しにくい傾向がある。特に、レバーでなくボタンで操作するタイプでは、ズーム速度の調整ができず、イライラ感がある。(回転つまみ式では、回転の度合いによってズーム速度を調整できる。)
 これらの問題点は、「慣れ」によって解消するしかなさそうです。


★買い時は、いつ?
 デジタルカメラは、発売後の値下がりが著しい商品だと思います。価格ドットコム[2]で、オリンパスTG-630の値動きを調べてみました。また、同メーカーの過去の製品である「TG-625」の価格推移も調べました。いずれも、「平均価格」を調べました。
[2]価格ドットコム;OLYMPUS STYLUS TG-630 Tough [ホワイト] の価格推移グラフ
http://kakaku.com/item/K0000463685/pricehistory/
 結果は、下図の通りです。
20130405z5.jpg
 まず、TG-630の価格推移です。2013/2/23の発売直後の平均価格は20412円。約1ヶ月後の3月末には19224円です。この間、約6%の下落でした。
 次に、過去モデルのTG-625の価格推移を見ます。発売直後は22711円。半年後の2013年2月末には、17421円まで下落しています。最初の価格の約80%です。この間の下落のペースは、約5%/月でした。この下落率は、今回のモデルTG-630の1ヶ月間の下落率(6%)と、ほぼ同じレベルです。(なお、この後、3月末には14162円に急落しますが、これは後続モデルのTG-630の発売によると思われます。)

 上のデータから、TG-630でも、月5%程度で、次モデル発売まで、価格低下が続くと推察されます。したがって、買い時は、次モデルの発売直前です。ただし、あまり遅くなると、在庫が切れて入手できなくなる恐れがあります。よって、買い時を、次のように設定することにしました。

 ・買う時期:発売から5ヶ月後=2013年7月頃
 ・目標価格:発売価格の80% =16,000円

 以上の通り、価格が16,000円を切ったら、本格的に購入を検討することに決めました。
 2013/4/29に買いました。レビューは、こちらの記事


★まとめ:防水デジタルカメラの選び方
 防水デジタルカメラは、各社から発売されています。大きく2種に分類できます。
 a)高機能タイプ:価格3~4万円。GPS等の機能付き。
 b)汎用タイプ :価格2万円前後。

 防水デジタルカメラの利点と欠点は、次の通りです。
 利点:
 ・濡れた手で使っても大丈夫。
 ・レンズが突出していないので、レンズ周辺に異常荷重がかかる心配が少ない。
 ・子供(特に幼児)に与えても安心感がある。
 欠点:
 ・デザインの選択肢が少ない。(ゴツいものが多い)
 ・レンズが指がかかりやすい位置にあるものが多い。
 ・レンズにカバーがない。
 ・ズームの操作性が劣る。

 デジタルカメラは、発売後に価格の下落が著しい傾向があります。例えば、月5%の割合で、価格が下がっていきます。次モデルの販売の少し前(目安:発売から約5ヶ月後)が、お買い得だと思います。



(補足) 2013/5/1
 この後、2013/4/29に、オリンパスのTG-630を買いました。ヨドバシカメラで、18000円でした(1800ポイント還元)。レビューは、こちらの記事


(補足2)2013/5/1
 富士フイルムの新製品、XP200を追加しました。


応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


防水デジカメ、というカテゴリがあるんですね。
最近はちょっとした写真はスマートフォンで、きれいに残したい写真は一眼レフで、
という使い分けになってしまい、我が家のコンデジは出番が無くなってしまいました。
でも防水、という機能があればまだ使い道がありそう。
ちなみに「子どもの扱いにも・・・」という機能に対しては
我が家では子ども用のデジカメを与えています1万円以下で買えて、
完全防水で落としても大丈夫、というもの、通常のカメラより大きいし
画質は落ちるんですが、おもちゃっぽい見かけの割にちゃんと撮れて
PCにも接続できるので子どもに持たせっぱなしにしても面白い、かもしれません。
2歳だとまだちと早いかな・・・
かずひと | URL | 2013/04/07/Sun 14:13 [編集]
> かずひと さん
 防水デジカメは、あまり人気がないようで、大型の家電量販店でないと、置いてありません。最近は、スマートフォンもたいてい防水ですし、手軽さを考えると、ニーズが少ないのかもしれません。
 子供用デジカメは、知りませんでした。我が家の大人は、子供に劣らず扱いが雑なので、壊れにくいものでないとダメです。画質はあまり気にしないので、子供用デジカメを、皆で使うのも手かもしれません。
マツジョン | URL | 2013/04/08/Mon 18:16 [編集]
はじめまして。
「ほんわかバタバタな日」のmmmと申します。
毎日海まで、わんこのお散歩に行くせいか、すぐ、デジカメの
レンズ内にゴミがはいってしまうので、買い換えを考えていました。
汚れなどにも強い、防水カメラを買おうかどうしようか、
迷っていた、まさに、昨日、こちらの記事を読ませて頂き、
大変、勉強になりました。
そして、昨日、オリンパスのTG-630を買ってきました(^_^)v
高機能タイプも考えていたのですが、、お店には、
置いてなくて、お取り寄せとのことでした。
いままで使っていたのは、パナソニックのDMC-FX700です。
まだ、慣れていないので、なんともいえませんが、
手にして、かなり、気に入ってます♪
ありがとうございましたm(_ _)m
mmm | URL | 2013/04/09/Tue 07:38 [編集]
> mmm さん
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 自分用に作った比較表ですが、いくらかのお役に立てたようで、嬉しく思います。私も、オリンパスのTG-630を買いたいのですが、予算の都合で、まだ買えません。
 そちらのブログも拝見しました。新しいカメラを買うと、いろいろ試してみたくなりますね。少し、うらやましいです。
マツジョン | URL | 2013/04/09/Tue 19:31 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.