今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
オリンパスの防水デジカメTG-630を買いました
【今日の夕食】
 今日は雨が降りそうな天気でした。妻と娘(2歳2ヶ月)は、育児サークルで、母子分離の山登りです。久しぶりに自動車に乗って、江の島近くまで、妻と娘を送りました。今日の娘は、少し泣いてしまう場面があったものの、おおむね元気に過ごしたそうです。山登りは、楽しいようです。妻は、図書館で待っていたとのことでした。
 今日の夕食は、私の担当です。新しいデジカメを使ったら、貧相な料理が、ますます貧相に写ってしまいました。
r20130430.jpg
★米飯

★コンソメスープ、玉ねぎ・ベーコン・じゃがいも

★あじ干物

★トマト

私の料理も応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】オリンパスの防水デジカメTG-630を買いました
 デジタルカメラを買いました。今まで使っていたカメラの調子が悪く、ピントが合わなくなってしまったためです。新しいデジカメは、乱暴な扱いをしても大丈夫な、防水モデル(アウトドアモデル、タフモデル)にしました。
 選んだのは、オリンパス(OLYMPUS)の2013年モデル、「STYLUS TG-630」です。
20130430z1.jpg
 このデジカメに決めた理由は、次の5点です(詳しくは、→こちら)。
1)多少の水濡れは許容されること。
2)レンズがせり出さない構造であること。
3)予算は2万円まで。
4)妻と共用するので、ゴツすぎる外観はダメ。
5)店頭で操作してみた印象が良いこと。

 まだ買ったばかりですが、今回は、第一印象(ファーストインプレッション)でのレビュー、いわゆるクチコミ情報です。
 なお、先の記事では「16000円を切ったら買う」と言いました。しかし実際には、18000円で買ってしまいました。(ヨドバシカメラ町田店、2013/4/29購入。1800ポイント戻り。)


★購入前に浮かんだ懸念点
 実際に購入するまでに、次のような不安がありました。本記事では、これらについて検証をしてみます。
・指がかかりやすい位置にレンズがある。 
・ズームやジョイスティックが操作しにくい。
・防水のため、電池フタの構造が複雑そう。
・起動や撮影の速度が遅くないか、不安。


★やっぱり、レンズに手がかかりやすい
 この製品を含めて、防水デジカメの多くは、レンズが左上に位置しています。普通のカメラと同じように構えると、指がかかってしまいそうです。指をかけないような撮り方に慣れることができるかどうかが、大きな懸念点でした。
20130430z1.jpg
 実際に構えるときは、下の写真のような構え方をすると良いようです。左手の人差し指を伸ばすのがポイントです。(この写真は、鏡に向かって撮影したものを、左右反転しています。)
20130430z11.jpg
 この構えで、何度か撮影をしていますが、気を抜くと構えが変わって、たまにレンズに指が写ってしまいます。しかし、長く使えば、慣れることはできそうです。

 また、レンズにカバーが付かないのが、気になる点です。どうしても、指で触って、指紋だらけにしてしまいます。防水でレンズカバーのあるタイプは、現在はどのメーカーにも無いようで、残念です。(過去製品では、オリンパスのTG-820などに、開閉式のレンズカバーが付いていたらしいです。壊れやすかったのでしょうか。)



★指が痛くなるジョイスティック
 各社の防水カメラを店頭で触ってみて、ネックに感じたのが、操作性です。アウトドア用で頑丈さを重視しているためか、ボタンやレバーの動きが、固い(重い)ものが多いのです。
 この製品では、ズームは上面のレバーで操作します。形状はレバーですが、実際にはスイッチで、アナログ的な操作はできません。小さく倒しても、大きく倒しても、ズームの速度は変化しません。レバーは、やや固めです。表面にギザギザが付いているので、長く操作していると、人差し指の先が痛くなりました。なお、大きいボタンはシャッター、小さいボタンは電源です。
20130430z3.jpg
 背面の操作ボタンは、上から、動画録画、画像再生、メニュー、LEDライト、ジョイスティック(選択用ボタン)です。このジョイスティックが、特筆すべき使いにくさでした。
20130430z4.jpg
 ジョイスティックは、上下左右に傾けてメニューを選びます。そして、押し込んで決定をします。しかし、次の2つの問題のために、とても使いにくいです。
・上下左右の縁に、イボが付いている。イボが指に突き刺さって、長く使っていると親指の先が痛くなる。
・傾けるのと、押し込むのが、動作として似ている。押し込もうとして傾いたり、傾けようとして押し込んだりしてしまう。このため、頻繁に誤操作してしまう。
20130430z2.jpg
 ジョイスティックでなく、十字ボタンを付けて欲しかったです。せっかく、いろいろな機能があるのに、このジョイスティックのおかげで、機能を選ぶ気がなくなってしまうのが、残念です。


★電池フタの開閉は、思ったよりも簡単
 電池フタも、気になっていた点です。水中での使用時にフタが開かないように、「ダブルロック機構」が採用されているのです。私は、水中で使うつもりはありませんので、操作が煩雑だと嫌だなあ、と思っていました。
 下の写真のように、電池フタを開くためのツマミが、2つ付いています。大きいほうが、通常のカメラと同じツマミです。このツマミを操作して、フタを開けます。そして、小さいほうが、大きいツマミをロックするためのツマミです。
20130430z5.jpg
 小さいツマミは、必ずしもロックしなくても、地上での使用では問題なさそうです。したがって、通常のカメラと同様に、大きいツマミだけの操作で、フタの開閉ができます。不便はありませんでした。

 充電用端子も、同様のダブルロック構造です。 
20130430z6.jpg
 充電器は、付属していません。カメラに直接電源ケーブルをつないで、充電ができます。最近買った、デジタルビデオカメラも充電器はありませんでした。コストダウンのためでしょうか。
20130430z7.jpg
 私の場合、電池パックを1個しか持っていません。電池が切れたらカメラは使えません。したがって、充電器がなくても、特に不便は感じませんでした。本体から電池を外す手間が減るので、むしろ便利かもしれません。

 充電は、2~3時間程度でした。電池の持ちも、気になるところです。しかし、まだ十分に使用していないため、なんとも言えません。


★操作のタイムラグが少なく快適
 操作をする上で気になるのは、タイムラグです。具体的には、次のようなものがあります。
1)電源オンから撮影可能になるまでの時間。
2)シャッターを押した後、次の撮影が可能になるまでの時間。
3)再生ボタンを押してから、画像が出てくるまでの時間。
4)ズーム操作のときの、レンズ移動の速度。

 これらを試した結果を、動画にまとめました。

 結果は、次の通りでした。いずれの操作とも、ストレスを感じません。店頭で、他の防水カメラも試しましたが、この製品が一番だと思います。
1)電源オンするとすぐ(1秒程度)に、撮影ができる。
2)毎秒1枚程度で、手動でピントを確認しながらの連続撮影ができる(画像サイズ3M)。
3)再生ボタンを押すと、即座に画像を確認できる。
4)ズームは、ワイド端からテレ端まで、約1秒で移動する。
 なお、前述の通り、ズームの速度は一定です。ズームレバーの倒し方が小さくても、大きくても、同じ速度で移動します。


★実際に撮影してみた
 まず、ズームを試しました。左がワイド端での撮影です。右が最大ズームでの撮影(デジタルズームを含む、約10倍)です。肉眼で見るよりも、やや大きい程度まで、ズームできるようです。
20130430z12.jpg20130430z13.jpg
※クリックで拡大できます。(ブログ掲載用に画像サイズを小さくしてあります。)

 次に、「スーパーマクロ」を試しました。3センチまで寄れます(ズーム不可)。左:ノギスの目盛り、右:千円紙幣の模様。以前のカメラが10センチまでしか寄れなかったので、これはかなり面白く感じました。
20130430z10.jpg20130430z8.jpg
※クリックで拡大できます。(ブログ掲載用に画像サイズを小さくしてあります。)


★まとめ
 オリンパスの防水デジタルカメラ、TG-630を買いました。良い点と悪い点を並べます。

<良い点>
・電源オン、撮影、再生、ズーム、すべての動作が速い。
・防水カメラなのに、外観がゴツくない。
・価格が妥当。

<悪い点>
・ジョイスティックが、きわめて使いにくい。
・ご飯がおいしそうに写らない。(素材のせいかもしれません。)

 画質については、今後使ってみて、どの程度なのか見ていきたいと思います。


 続きの記事があります。
★オリンパスデジカメ「マジックフィルター」の作例 →こちら
★オリンパスデジカメTG-630パノラマ撮影の作例 →こちら
★防水デジカメTG630の画質レビュー →こちら



応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.