今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

gang01.jpg
↑↑↑夏休みの自由研究。画像クリックで記事一覧を表示します↑↑↑
防水デジカメTG630の画質レビュー
【今日の夕食】
 娘(2歳5ヶ月)の母子分離育児サークルは、夏休みに入りました。8月いっぱいまで、休みだそうです。今日の妻と娘は、「えのすい(江ノ島水族館)」に出かけたそうです。夏休みとあって、なかなかの人出だったそうです。
r20130723.jpg

★米飯

★バンバンジー

★4点盛りプレート
・あつあげ
・トマト
・こまつなニンニク炒め
・とうもろこし

妻の料理を応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】 防水デジカメTG630の画質レビュー
 今年(2013年)の4月に、オリンパスのデジカメ「TG-630」を買いました。いわゆる「防水デジカメ(タフカメラ、アウトドアカメラ)」です。このカメラについて、これまで、いくつかの記事を書いています。

★防水デジタルカメラの選び方~2013年モデル比較 →こちら
★オリンパスの防水デジカメTG-630を買いました →こちら
★オリンパスデジカメ「マジックフィルター」の作例 →こちら
★オリンパスデジカメTG-630パノラマ撮影の作例 →こちら

 ネットでのクチコミを見ていると、通常はデジイチ(デジタル一眼レフ)を使っており、このカメラをサブ(「普段使い」というが、普段使いってなんだろう?)として使っている方も、いらっしゃるようです。しかし、我が家では、カメラをいくつも持つお金はないので、このコンデジだけです。娘(2歳5ヶ月)と一緒に、砂場にも水場にも持って行けるので、大活躍しています。娘に投げられても大丈夫で、安心して持ち歩けます。子連れにはオススメのカメラです。

 ネットでのクチコミでは、このカメラTG-630の画質について、「画質が良くない」、「思ったより画質がよい」などといった趣旨が書かれています。実際のところどうなのか、いろいろな撮影をして、調べてみました。


★防水デジカメ「TG-630」
 オリンパスの防水デジカメ、STYLUS「TG-630」です。
20130430z1.jpg
 主なスペックを、以下に示します。参考として、同メーカー(オリンパス)の同価格帯のカメラ、SZ-15と比較します。
 TG-630SZ-15
撮像素子1200万画素
1/2.3型CMOS
1600万画素
1/2.3型CCD
開放F値3.9~5.93.0~6.9
焦点距離5~25mm
(35mmフィルム換算28~140mm)
5倍ズーム
4.5~108mm
(35mmフィルム換算25~600mm)
24倍ズーム
ISO感度100~6400100~1600



 防水カメラ全般の弱点として、レンズの「開放F値」が大きいことが挙げられます。これは、レンズが暗いために、明るくない場所(室内など)での撮影が不得手であることを示します。(F値が2.0と小さい防水デジカメもあります。防水デジカメ2013年モデルの比較は、→こちらの記事
 F値が1.4倍になると、光の量が1/2になります(F値については、こちらの記事)。このため、同じシャッタースピードであれば、ISO感度を2倍にする必要があります。ISO感度を高くすると、ノイズの影響が大きくなって、画質がザラつくことがあります。(ノイズについては、こちらの記事
 イメージセンサは、CMOSかCCDかの違いがありますが、いずれもサイズは1/2.3型、画素数も1000万画素超です(L版写真には300万画素程度で十分です)。明るい環境であれば、画質は同等と想像されます。

 実際に写真を撮影して、画質を調べてみました。撮影時の設定は、以下の通りです。
 ・モード     :プログラムオート
 ・露出補正    :±0
 ・ホワイトバランス:オート
 ・ISO     :オート
 ・サイズ     :3M、4:3(1920×1440ピクセル)
 ・圧縮モード   :ノーマル
 ・暗部補正    :ON


★日中の屋外、晴天(やや雲多し)
 撮影画像1920×1440を、640×480にリサイズして掲載します。(表示画像は320×240、クリックすると640×480になります。)
★ズーム1倍(リサイズ):F11、シャッタースピード1/250、ISO100
20130723sl1.jpg
★ズーム2倍(リサイズ):F14、シャッタースピード1/160、ISO100
20130723sl2.jpg
★ズーム5倍(リサイズ):F18、シャッタースピード1/200、ISO200
20130723sl5.jpg

 画質の確認のために、原寸大での画像を掲載します。1920×1440の元画像から、約480×360の範囲を切り出しています。
★部分トリム(480×360原寸):ズーム1倍
20130723tr_sl1.jpg
★部分トリム(480×360原寸):ズーム5倍
20130723tr_sl5.jpg
 やはり、コンデジなので、精細感には欠けます。とはいえ、ズーム1倍では、まずまずの画質に感じます。ズーム5倍では、物体の縁の、ノイズっぽい変色が気になります。しかし、コンデジとしては、まあ良好なレベルだと思います。(以前所有していた別のコンデジ(2010年モデル、開放F値2.6、1/2.3型CCD)と比較して、大差ない画質でした。)


★日中の屋外、曇天
 日中、雲が多く、やや暗い状態での撮影です。晴天時に比べて、絞り値が小さくなります。絞りは2段階です。
★ズーム1倍(リサイズ):F11、シャッタースピード1/250、ISO200
20130723ssl11.jpg
★ズーム2倍(リサイズ):F5.1、シャッタースピード1/320、ISO100
20130723ssl22.jpg
★ズーム5倍(リサイズ):F5.9、シャッタースピード1/250、ISO200
20130723ssl55.jpg

 部分トリムで、画質を確認します。
★部分トリム(480×360原寸):ズーム1倍
20130723tr_ssl11.jpg
★部分トリム(480×360原寸):ズーム5倍
20130723tr_ssl55.jpg
 残念ながら、ズーム1倍では、木の枝の描写はグデグデです。ズーム5倍の金網の描写は、良好です。やはり、コンデジとしては、まあ良好なレベルだと思います。L版写真にプリントすれば、かなり縮小されるでしょうから、それほど気にならないはずです。


★室内、蛍光灯照明、ISOオート
 次に、室内です。日中ですが、カーテンを閉めて、蛍光灯で照らしています。
★ズーム1倍(リサイズ):F3.9、シャッタースピード1/30、ISO640
20130723kl1.jpg
★ズーム2倍(リサイズ):F5.1、シャッタースピード1/25、ISO800
20130723kl2.jpg
★ズーム5倍(リサイズ):F5.9、シャッタースピード1/20、ISO1600
20130723kl5.jpg
 このデジカメTG-630は、レンズが暗い(F値3.9~5.9)のがネックです。ズーム5倍では、ISO1600が必要になっています。ISO感度が高いわりに、シャッター速度は1/20と、あまり速くありません。静止物はともかく、動いている被写体をとるのは、難しいと思います。(実際、動きの多い娘(2歳5ヶ月)を撮ろうとすると、ブレブレになってしまうことが多いです。)

★部分トリム(480×360原寸):ズーム1倍
20130723tr_kl1.jpg
★部分トリム(480×360原寸):ズーム5倍
20130723tr_kl5.jpg
 ISO感度が640および1600と、かなり高くなっています。そのためか、拡大した画像では、暗部でザラザラしたノイズが目立ちます。メタルラックの刻印「Luminous(ルミナス)」が、かろうじて判読できます。被写体が動かない場合には、ISO感度を手動で低めに選択して、撮影するのがよいと思います(シャッタースピードは、自動的に遅くなります。手ブレの危険が増します)。


★室内、蛍光灯照明、ISO高感度オート
 このカメラには、「ISOオート」のほかに、「ISO高感度オート」のモードがあります。このモードでは、ISO感度を1段ほど高めて、シャッタースピードを約1段早くできます。
★ズーム1倍(リサイズ):F3.9、シャッタースピード1/30、ISO800
20130723kh1.jpg
★ズーム2倍(リサイズ):F5.1、シャッタースピード1/50、ISO2500
20130723kh2.jpg
★ズーム5倍(リサイズ):F5.9、シャッタースピード1/40、ISO3200
20130723kh5.jpg
 パッと見は、ISOオートと高感度オートで、大差ないように見えます。
 トリムして、原寸大で確認します。
★部分トリム(480×360原寸):ズーム1倍
20130723tr_kh1.jpg
★部分トリム(480×360原寸):ズーム5倍
20130723tr_kh5.jpg
 ISOオートよりも、さらにノイズがひどいように感じます。ズーム5倍では、「Luminous」の文字がつぶれて、読めなくなってしまいました。ISO3200では、仕方がないと思われます。

 やはり、暗い場所では、レンズが暗い(開放F値3.9~5.9)のがネックになります。このF値は、一般的な(防水でない)コンデジに比べて、1段~2段(1.4倍~2倍)、暗めです。このため、屋内での撮影では、ISO感度を1段~2段(2倍~4倍)上げざるを得ません。よって、ノイズの目立つ写真になってしまいます。


★まとめ
 防水コンデジ、オリンパス「TG-630」の画質を確認しました。結果をまとめます。
 ・屋外・晴天(やや曇り)では、まずまず良好な画質だった。
 ・屋外・曇天でも、まずまず画質は良好だった。
 ・室内・蛍光灯下では、ISO感度が高くなって、ノイズが目立つ写真になってしまった。

 このカメラは、F値が3.9~5.9と、一般的な(防水でない)コンデジに比べて、1~2段大きめです。このため、明るさの低い屋内では、ISO感度を高めての撮影をせざるを得ず、ザラつきがかなり気になることもあります。
 しかし、屋外であれば、一般的なコンデジと同等の、満足な画質が得られると思います。


応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.