今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
賛成!デジイチ「ミラーレス」は「一眼レフ」だ!
【今日の夕食】
 今日は、私の実家に行きました。植木の移動や里芋掘りを手伝いました。
r20131116.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;45mm(90mm相当)、F4.0、SS1/100、ISO800
★寄せ鍋
 豚肉、鮭カマ、しめじ、白菜などが入っています。豚肉は塩麹に漬けたものだそうです。柔らかくて味があり、とてもおいしかったです。

妻の料理を応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】賛成!デジイチ「ミラーレス」は「一眼レフ」だ!
 今回は、「ミラーレス一眼カメラ」を「ミラーレス一眼レフ」と呼称することが、妥当かどうかを検討してみます。


 今年(2013年)の9月に、初めての一眼レフ(デジタル一眼、デジイチ)を買いました。オリンパスの「ミラーレス一眼レフ」、「PEN mini E-PM2」です。
20130920zcompare2.jpg
 このカメラは、一般的には「ミラーレスカメラ」などと呼ばれているようで、「一眼レフカメラ」ではないとされることが多いように思えます。しかし、ここには議論の余地がありそうです。今回は、この点について書きます。



★「一眼レフ」の定義
 前回の記事(→こちら)に書いた通り、「一眼レフ」の説明は、文献によって異なります。撮影レンズとピント合せ用レンズが兼用、すなわち「単一レンズ」であれば一眼レフである、とする文献もあります。一方で、これに加えて「レンズ交換が可能」、「光線を反射させるミラー」、「光学式のファインダー」を備えるものを一眼レフと呼ぶ、とする文献もあります[1-4]。
[1]Wikipedia;一眼レフカメラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E7%9C%BC%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9
[2]CASIO電子辞書XD-R7100;広辞苑 第五版
[3]SHARP電子辞書PW-AC30;スーパー大辞林3.0
[4]CIPA;カメラ関係品目の統計上の分類
http://www.cipa.jp/book/cr100.pdf

 カメラに関して素人の私は、単一レンズであれば一眼レフ、考えていました。最近のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)は、液晶画面をファインダー(構図やピントを合せるための器具)として使います。このため、私は、最近のコンデジは全て一眼レフである、と思っていました。これは、誤解だったかもしれません。
 また、家電量販店のカメラ売り場は、大きく分けて、「コンパクトカメラ」と「一眼レフカメラ&交換用レンズ」のコーナーに分かれていることが多いです。このため、カメラについてあまりなじみのない人は、「一眼レフ=レンズ交換ができるカメラ」、「一眼レフ=高級なカメラ」、「一眼レフ=黒くて重い大型のカメラ」、など、ぼんやりとしたイメージを持っているだけかもしれません。

 個人的には、「ミラーレス」は、「一眼レフ」に含めたいところです。レンズ交換ができる、細かい撮影条件の設定ができる、など、一眼レフに近い機能を持ち、一眼レフと類似した用途で用いられることが多いと思われるためです。特に、カメラになじみのない人には、「これは『一眼レフ』だ」と説明したほうが、話が早いです。「これは『一眼レフ』ではない。」から始めると、正確なのかもしれませんが、「マニアックな話をする、マニアックなおじさん」になってしまう危険があります。


★「ミラーレス」なのに「一眼『レフ』」
 そんなわけで、私の個人的意見は、次の通りです。ここに至る経緯は、前回の記事(→こちら)にも書きました。
 ・「ミラーレス」は、「一眼レフ」である。
 ・「ミラーレス」を、「ミラーレス一眼レフ」と呼称してはどうか。

 しかし、問題があります。
 「一眼レフ」の「レフ」は、そもそも、「レフレックス(reflex、反射)」が語源です。鏡(ミラー)を使って像を反射させて、ファインダーに像を結ぶのが、一眼レフの特徴です。(ちなみに、似た名前のカメラに「二眼レフ」があり、こちらは撮影用レンズとファインダー用レンズが別のレンズ(2系統のレンズ)であることが特徴です。)
 そして、「ミラーレス」は、この反射用ミラーがないのが特徴です。一眼レフからミラーを除外したことで、カメラのサイズがコンパクトになり、可搬性が増したのが、ミラーレスの主な優位点です。つまり、ミラーレスの出発点は一眼レフです。したがって、ミラーレスは、一眼レフの仲間に入れるのが自然です。
 しかし、ミラーを除去してしまったということは、一眼レフの語源である「レフレックス」がなくなってしまう、ということです。「レフ」がないのに「一眼レフ」と呼んでよいのでしょうか?

 問題点を整理します。
・「一眼レフ」の語源は、「レフレックス(反射)」である。
・「ミラーレス」は、「一眼レフ」からミラー(反射板)を除去したものである。
・「一眼レフ」から「レフ」を除去したものを、「一眼レフ」と呼ぶのは妥当か?


★主要構成要素を廃したとき、名前はどうなる?
 ある品物が、その主要な構成要素を用いて呼ばれていたとします。しかし、技術の変遷などに伴って、その主要な構成要素がなくなってしまった。そうしたときに、その品物を、どのように呼ぶのが妥当なのでしょうか?
 以下では、一眼レフ以外の事例について、このような例を考えてみます。

●スタッドレスタイヤ
 一眼レフと似た名前の品物として、「スタッドレスタイヤ(スパイクレスタイヤ)」があります。これは、雪道用の「スノータイヤ」の一種です。スタッドレスタイヤの以前は、表面にスパイク(鋲、スタッド、stud)のついた、「スパイクタイヤ」が使われていました。つまり、スタッドレスタイヤは、スパイクタイヤからスタッドをなくしたものです。よって、本来は、「スタッドレススパイクタイヤ」あるいは「スパイクレススパイクタイヤ」と呼びたいところです。しかし、このタイヤには、もはやスパイク(スタッド)がありません。そこで、我々はこのタイヤを「スタッドレスタイヤ」と呼ぶのでしょう。
 ただ、元々の「スパイクタイヤ」を知らずに「スタッドレスタイヤ」の語だけを聞くと、要するに「(鋲のない)普通のタイヤ」ではないのか?と感じてしまいます。本来は、「スタッドレススノータイヤ」などと呼ぶべきなのかもしれません。
 しかし以上のように、「スパイクタイヤ」から「スタッド(スパイク)」を除去したものは、「スタッドレスタイヤ」と呼ばれます。「スタッドレススパイクタイヤ」ではありません。

●ビニール袋
 最近のレジ袋は、「レジ袋」と呼ばれることが多く、「ビニール袋」の呼称は、あまり用いられません。最近のレジ袋は「ポリエチレン」製で、ビニール(ポリ塩化ビニル)製ではないためです。しかし、依然として、「ビニール袋」と呼ぶ場合も、(私たちの世代では)多いです。
 この例は、「ビニール袋」から「ビニール」を廃しても、名前は「ビニール袋」のまま、というものです。

●スキンヘッドという髪型
 「スキンヘッドという髪型」という表現は、どうでしょうか。それほど不自然には感じないように思えます。しかし、よく考えると、髪がないのに髪型、というのはおかしいです。しかし、もしも床屋で「髪型はどうしますか」と聞かれたときに、「髪型ではなく、スキンヘッド型にしてくれ。」という人は少数派のように感じます。「スキンヘッドという髪型」は、間違った表現ではなさそうです。
 つまり、「髪型」から「髪」を廃しても、やはり「髪型」である、と考えられます。

●消しゴム
 最近の消しゴムは、多くがプラスチック(塩化ビニル)製のようです[5]。しかし、依然として「消しゴム」の呼称は一般的です。正確には「プラスチック字消し」と呼ぶべきなのでしょうが、「プラスチック消しゴム」のままです[5]。
 この例では「消しゴム」の「ゴム」を除去して「プラスチック」としたら、「プラスチック消しゴム」となります。「プラスチック消し」や「消しプラスチック」とは呼びません。
[5]トンボ;消しゴムの材料・原料について
http://www.tombow.com/tombow-qa/%E6%B6%88%E3%81%97%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%9D%90%E6%96%99%E3%83%BB%E5%8E%9F%E6%96%99%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

●ガムシロップ
 アイスコーヒーなどに使う液状の砂糖「ガムシロップ」です。この名前の由来は、粘性を保つために添加される「アラビアゴム(アラビアガム)」だそうです(Wikipediaより)。しかし最近の製品では、原料にアラビアガムを含まないのが通常のようです。例えばサイト[7]の商品では、原料は「砂糖混合果糖ぶどう糖液糖」となっています。
 ところが、このようなアラビアガムを含まないガムシロップも「ガムシロップ」であり、「ガムレスシロップ」と呼ぶのを聞いたことがありません。
[7]守山乳業;ポーション・ガムシロップ
http://www.fujimilk.co.jp/products/portion.html

●揚げない唐揚げ
 「レンジでチンするから揚げ粉」という商品があります[6]。鶏肉にまぶして、レンジでチンするだけで、「唐揚げ」ができます。「唐揚げ」は「揚げる」から「唐揚げ」のはずなのに、揚げる調理は不要です。しかし、呼称はあくまで「唐揚げ」であり、「レンジ唐」ではありません。似た料理名に、脂を使わない「オーブン唐揚げ」などがあります。
 以上のように、「唐揚げ」から「揚げ」を除しても、やはり「唐揚げ」です。
[6]昭和産業;レンジでチンするから揚げ粉
http://www.showa-sangyo.co.jp/special/karaageko/


 以上の事例を、下表にまとめました。
元の名前廃したもの廃した後の品物の名前
一眼レフミラー(レフ)ミラーレス、ミラーレス一眼
スパイクタイヤスタッド(スパイク)スタッドレスタイヤ
ビニール袋ビニールビニール袋、ポリ袋
~という髪型髪の毛スキンヘッドという髪型
消しゴムゴムプラスチック消しゴム、消しゴム
ガムシロップアラビアガムガムシロップ
唐揚げ揚げる工程唐揚げ、レンジ唐揚げ、オーブン唐揚げ

 「スタッドレス」は、主要構成要素を廃したために、主要構成要素の名前が消えた例です。しかし他は、主要構成要素を廃しても呼称は元のまま、という事例です。こうした例も、それなりに存在するようです。したがって、レフ(ミラー)を廃した一眼レフのことを、「ミラーレス一眼レフ」と呼んでしまうのは、まったくの誤りではなさそうです。


★メーカー各社の呼称は
 カメラメーカー各社が、ミラーレスを何と呼称しているかを調べました[7-13]。結果を下表にまとめます。CIPAにおける統計上の分類[4]に用いられる呼称も示しました。
メーカーミラーレス呼称一眼レフ呼称ミラーレス&
一眼レフの総称
パナソニックミラーレス一眼一眼カメラ
オリンパスミラーレス
一眼カメラ
デジタル一眼レフ
カメラ
デジタル
一眼カメラ
ソニーデジタル小型
一眼カメラ
デジタル一眼
カメラ
デジタル
一眼カメラ
ニコンレンズ交換式
アドバンストカメラ
デジタル一眼レフ
カメラ
キャノンミラーレスカメラ一眼レフカメラ
(EOS シリーズ)
ペンタックスミラーレス一眼一眼レフ
フジフイルムレンズ交換式
プレミアムカメラ

(X シリーズ)
CIPA統計の
分類
レンズ交換式
デジタルスチル
カメラのうちの
ノンレフレックス
レンズ交換式
デジタルスチル
カメラのうちの
一眼レフ
レンズ交換式
デジタルスチル
カメラ
[7]パナソニック;デジタルカメラ
http://panasonic.jp/dc/
[8]オリンパスイメージング;
http://olympus-imaging.jp/
[9]ソニー;
http://www.sony.jp/ichigan/
[10]ニコン;
http://www.nikon-image.com/products/
[11]キャノン;
http://cweb.canon.jp/eos/index.html
[12]リコーイメージング;
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/
[13]フジフイルム;
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/

 いくつかのメーカーは、「ミラーレス」という呼称を用いず、「レンズ交換式」を冠した呼称を用いています。これらの呼称は、確かに正確ではあります。しかし、最近徐々に浸透の進む「ミラーレス」の呼び名にどこまで抗することができるのか、興味深いところです。CIPA呼称の「ノンレフレックス」を、どのメーカーも用いていない点も面白いです。
 また、表中には示しませんでしたが、家電量販店でも、独自の呼称を設けているようです。例えばヨドバシカメラの売り場では、ミラーレスの呼称に「マイクロ一眼」を用いていたと記憶しています。


★まとめ:広めよう!「ミラーレス一眼レフ」
 レンズ交換式デジタルカメラの一形式である「ミラーレス」の呼称について考えました。

 「ミラーレス」を「一眼レフ」の一種とすることは、それほど誤りには感じません。ミラーレスは、ミラーを備えた従来型の一眼レフと、外観や使い方がよく似たカメラだからです。説明する相手によっては、あえて「一眼レフ」の呼称を用いたほうが、分かりやすい場合があるようにも思えます。
 また、「ミラーレス一眼レフ」という呼び名も、悪くないと思います。主要構成要素がなくなった後でも、かつての主要構成要素を用いて呼んでいる品物が、いくつもあるからです(「プラスチック消しゴム」「ポリエチレン製ビニール袋」「ガムシロップ」など)。

 「ミラーレス」を「一眼レフ」と呼ぶことに、私は賛成します。

(ただし、相手によっては、「ミラーレス」と「一眼レフ」に明確な区別をしたがる場合もありますので、注意が必要です。ミラーレスには「レフ(ミラー)」がない点を、記憶しておく必要はあります。)


(補足)2014/7/1
 ネット検索サイトで、「ミラーレス一眼レフ」で検索してみると、少なくないサイトがヒットします。言葉の由来はともかくとして、実際上は、「ミラーレス一眼レフ」という言葉は、十分通用しているものと思われます。(ただし前述のとおり、「ミラーレス」を「一眼レフ」と呼ぶと、目くじらたてて怒り出す輩がいるので、くれぐれもご注意ください。)

(補足)2015/5/30
 主要構成要素がなくなっても、元の名前を保つ例として、「ガムシロップ」を追加しました。


応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.