今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
オリンパスE-PM2操作性&AF速度動画レビュー
【今日の夕食】
 今週は、宅配料理素材業者「ヨシケイ」のメニューです。配達されてくる食材を、調理マニュアル(レシピ)通りに調理するものです。妻いわく、料理に変化をつけるのが目的、とのことです。
r20131118.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;45mm(90mm相当)、F4.0、SS1/100、ISO640
★米飯、雑穀入り

★けんちん汁
 本来のヨシケイメニューは、きのこのみそ汁です。しかし手持ち食材の都合から、けんちん汁にしたそうです。具沢山で、おいしいです。

★肉じゃが
 焼肉のタレを使って煮込んだそうです。いつもとは違う、やや濃厚な味付けでした。ボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。

★マカロニサラダ

妻の料理を応援して下さい:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ


【今日のおじさん】オリンパスE-PM2操作性&AF速度動画レビュー
 今年(2013年)の9月に、初めての一眼レフ(デジタル一眼、デジイチ)を買いました。オリンパスの「ミラーレス一眼レフ(レンズ交換式一眼カメラ、マイクロ一眼)」、「PEN mini E-PM2」です。

 今回は、このカメラE-PM2について、操作感をレビューします。いわゆる「クチコミ情報」です。


★私のオススメ! オリンパスE-PM2
 オリンパスのミラーレス一眼「PEN mini E-PM2」は、とてもリーズナブルな価格で、高機能(上位機種と同じセンサー、同じ画像処理エンジンを搭載)で、私のオススメのカメラです。カメラ本体の価格が3万円を切っており、ミラーレスでは破格の部類です。本体が安価なので、デジイチの性能を引き出すのに有用な「単焦点レンズ」も同時に購入することも検討できます。(実際、私は、単焦点レンズをセットで買いました。)
20130920zcompare2.jpg
 しかし残念なことに、すでに生産終了しているようで、実店舗での在庫が僅少のようです。このため、実際に製品を手にとって、使いやすさを確認することができません。
 そこで今回は、このカメラE-PM2の使用感を、動画を交えてレビューします。
※2014/8現在、E-PM2は在庫僅少で価格が高騰しています(底値2.6万円→現在4.0万円)。現在ならば、上級機のE-PL5のWズーム(現在3.8万円)がオススメです。



★便利な「スーパーコンパネ」
 基本操作の説明を、動画にしました。このカメラにはモードダイヤルがありませんが、撮影モードの変更は、とても簡単です。ボタンを押して、画面をタッチ(または十字ボタンで選択)するだけです。  

 上の動画で示した通り、設定を一括表示できる「スーパーコンパネ」が、とても便利です。デジイチには、たくさんの設定項目がありますが、これを一度に確認することができます。設定の変更も、画面をタッチするか、十字ボタンで選んで、簡単に操作できます。
20131118z31.jpg
 このスーパーコンパネですが、困ったことに、初期設定では使えません。スーパーコンパネを使えるように設定する手順は、別の記事(→こちら)にまとめました。


★とても快適な「タッチシャッター」
 オリンパスのミラーレス、マイクロフォーサーズの一番の魅力は、タッチシャッターだと思います。ピントを合せたい場所にタッチするだけで、即座にピントが切れます。下の動画に、実例を示します。タッチした瞬間にピントが合う音が鳴り、それと同時か、あるいは少し早いくらいのタイミングで、撮影が完了してしまいます。驚きの速さです。

 撮影した写真を、以下に示します。狙った位置に、確実にピントがあっています。手前の被写体(ヌーボーベア)はカメラから約1.5m、奥の被写体(ロディ)は約3.5mの距離にあります。
20131118z01.jpg20131118z02.jpg
左)E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当,F1.8,SS1/160,ISO200
右)E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当,F1.8,SS1/160,ISO200

 なお、上の写真での使用レンズは、キットレンズ(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 IIR )ではなく、焦点距離45mmの単焦点レンズ(M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8)を使用しています。キットレンズを使った場合でも、同じくらいか、もう少し早いオートフォーカス速度(AF速度)が得られます。

 このカメラを使ってみるまでは、やはりカメラはシャッターで撮影するものと考えており、タッチシャッターはオマケ機能だと思っていました。しかし、実際に使ってみると、ピントを外さないタッチシャッターは、とても便利です。特に、動き回る娘に対して、確実にピントを合せて、撮影ができます。下は撮影サンプル(作例)です。
20131118z41.jpg
H1600_MA200030_20131119064440440.jpg
上)E-PM2+MZD14-42mmF3.5-5.6IIR;28mm相当,F8,SS1/400,ISO200
下)E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当,F1.8,SS1/100,ISO1250

 最近では、普通にシャッターボタンを押すよりも、タッチシャッターで撮影する場合のほうが多いように感じます。タッチシャッターは、それほど便利で、撮影という概念を変えてしまう、ミラーレスならではの機能です。ミラーレスを選ぶならば、ぜひタッチシャッターを搭載した機種をオススメします。


★ピント距離の変化が大きい場合のAF速度
 多くの場合には、AF速度はとても速く、不満を感じることはありません。しかし、現在のピント距離から、狙うピント距離までの変化が大きい場合には、少しだけAFに時間を要します。下の動画は、このレンズの最短撮影距離(0.5m)にある被写体(しまじろう)から、約3.5m離れた被写体(リス)にピントを移動したときの例です。

 最初の例と比べると、ピント合せに少しだけ時間がかかることが分かります。動いている被写体を撮影する場合には、問題があるかもしれません。動いている被写体を撮影する場合には、被写体から少し離れぎみの距離から構えるのが良さそうです。

 下は、撮影結果です。狙った位置に、きちんとピントが合っています。シャッターボタンを押すだけの撮影では、どちらの被写体にピントが合うか不定で、とてもストレスがたまることでしょう。
20131118z11.jpg20131118z12.jpg
左)E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当,F1.8,SS1/100,ISO200
右)E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当,F1.8,SS1/125,ISO200

 特に、「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」のように、レンズ直径の大きい(大口径の、F値が小さい)単焦点レンズを使う場合には、「ボケ味(ボカし具合)」が重要です。ボケを引き立たせるためには、意図した位置にピントがきちんと合っている必要があります。タッチシャッターは、確実に狙った位置にピントを合せられるので、たいへん便利です。


★ボタンのカスタマイズ
 このカメラE-PM2では、いくつかのボタンに、自分の好きな機能を割り当てられます。自由に機能を割り当てられるのは、天面のFnボタンと、背面の赤丸ボタン(通常は撮影用)です。十字キーの右と下にも、項目は制限されますが、機能を割り当てられます。
20131118z51.jpg
 私の場合、天面ボタンに「プレビュー」、赤丸ボタンに「デジタルテレコン」を割り当てています。
 「プレビュー」は、絞り設定値を液晶画面の表示に反映する機能です。通常は、Aモード(絞り優先モード)で絞りを変えても、液晶画面に表示される画像には変化がありません。しかし、撮影される画像は、絞りが効いて、ボケ具合が変わります。写真に慣れた人ならば良いのですが、私のような初心者は、液晶画面と撮影画像のボケ具合が違うのは、困ります。そこで「プレビュー」を使えば、撮影前からボケ具合が確認できて、失敗を減らせます。
 「デジタルテレコン」は、撮影時に自動的にトリミングを行って、画像を大きく写す機能です。最近の「高解像度技術」によって、単純なトリミングよりも、画質の低下が少ないそうです。下に作例を示します。
20131118z21.jpg20131118z22.jpg
左)E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当(通常撮影),F2.8,SS1/100,ISO1000
右)E-PM2+MZD45mmF1.8;180mm相当(デジタルテレコン),F2.8,SS1/80,ISO1000

 このほか天面ボタンと赤丸ボタンには、AEロック、試し撮り、プリセット設定の適用、などが割り当てられます。また、十字ボタンに割り当てられるのは、露出補正、連写モード、ISO感度、ホワイトバランス、などです。このようなカスタマイズができるのは、コンデジにない大きな利点です。撮影が楽しくなります。


★まとめ
 E-PM2を購入して、約2ヶ月が経ちます。とっても使いやすいカメラで、なんだかんだ、毎日撮影しています。上位機種(E-M5、E-P5、E-P6L)と同じ撮像センサー&画像処理エンジンを搭載しているとのことで、画質も申し分ありません。
 特に、カメラ本体の価格を抑えることで、余った予算で「単焦点レンズ」を購入できるのが魅力です。せっかくのデジイチ、その実力を発揮させるためには、どうしても単焦点レンズが必要になるはずです。
20130920zcompare2.jpg
 ミラーレスを購入を検討している方、特に低予算派の方に、オススメです!
 今なら、なんと、カメラ本体が25800円です!(私の購入時は3万円しました。)
 評判のよい単焦点レンズ45mmF1.8を合わせて買っても、5万円強で済みます!

 他メーカー、他形式であると、比較的安価なミラーレスでも、本体とキットレンズのセットで5~6万円はします。5万円で、高性能な単焦点レンズまでセットにできるカメラは、めったに見つかりません。在庫僅少、今を逃すと、買うチャンスがなくなるかもしれません。
※2014/8現在、E-PM2は在庫僅少で価格が高騰しています(底値2.6万円→現在4.0万円)。現在ならば、上級機のE-PL5のWズーム(現在3.8万円)がオススメです。



★関連記事
★オリンパスのミラーレスをオススメする理由 →こちら
★E-PM2の画質をコンデジと比較 →こちら
★E-PM2のボケ味をコンデジと比較 →こちら
★単焦点レンズ45mmF1.8での子供撮り作例 →こちら
★各社ミラーレスの概要を比較 →こちら


応援よろしくお願いします:

2010年4月~11年3月生 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する


今日は
価格コムでコメントを拝見し、お邪魔しています。EPL1→EPL3+20mm F1.7を使っています。EPM2が評判いいので調べていて、ヤフオクで新品のbodyを19000円弱で購入しました。これから動画をじっくり拝見させて頂きます。老齢で重いデジイチは使えませんので、これからもオリのmirrorless一本やりです。(笑)。来年海外旅行を控えていますので早く操作に慣れないと。
多摩 | URL | 2013/12/17/Tue 17:49 [編集]
> 多摩 さん
 こんばんは、はじめまして。
 E-PM2は買ったばかりですが、軽くて扱いやすくて、とても気に入っています。なんといっても、安価なのが良いです。
 ブログ拝見しました。20mm F1.7、きれいな写真です。私は45mm F1.8一本やりですが、広角レンズも欲しいなあ、と思ってしまいました。
マツジョン | URL | 2013/12/18/Wed 00:15 [編集]



トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.