今日のおじさん、なに食べました? (仮)

妻の料理と、おじさんの毎日の記録です。ほんのり工学テイスト。

omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑
デジイチ比較実験!~オリンパスE-PM2の手ブレ補正効果
【今日の夕食】
 今日も食材宅配「ヨシケイ」のメニューです。妻は、昨日今日と、フィギュアスケートに夢中です。
r20131206.jpg
OLYMPUS E-PM2+MZD45mmF1.8;90mm相当、F5.6、SS1/100、ISO1000
★ねぎとろ丼
 ねぎとろは、久しぶりです。娘(2歳10ヶ月)も、はじめて生魚を食べました。好きなようで、たくさん要求していました。

★みそ汁、えのき

★五目チャンプルー
 具沢山の炒め物です。仕上げのかつおぶしの風味が効いています。

★りんご

妻の料理を応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】デジイチ比較実験!~オリンパスE-PM2の手ブレ補正効果
 今年9月に、初めての一眼レフ(ノンレフレックス)を買いました。オリンパスのミラーレス一眼「PEN mini, E-PM2」です。
20130920zcompare2.jpg20130920zwith45.jpg

 今回は、このカメラの「ボディ内手ブレ補正」の実験検証結果を書きます。


★オリンパスの手ブレ補正
 最近のデジタル一眼(一眼レフ、ミラーレス)には、「手ブレ補正機能(手触れ補正機能)」が搭載されているのが普通です。手ブレ補正機能は、レンズ側の補正機構を用いるもの(レンズ内手ブレ補正方式)と、カメラ本体側の補正機構を用いるもの(ボディ内蔵タイプ)があります。それぞれの利点は、次のように説明されることが多いようです。

a)レンズ側で手ブレ補正
・光学ファインダーでも手ブレ補正結果が得られる。
・レンズごとに最適なパラメータを設定できる。

b)本体側で手ブレ補正
・レンズの設計の自由度が増す。
・レンズが小型、安価にできる。
・あらゆるレンズ(古いレンズを含む)で効果が得られる。

 オリンパスのデジタル一眼では、本体側で手ブレ補正をする「ボディ内手ブレ補正機構」を搭載しています。そして、オリンパスの素晴らしいところは、同じマイクロフォーサーズ規格の、パナソニックのレンズ群が使える点です。パナソニックのレンズの多くには、レンズ内手ブレ補正(「MEGA O.I.S.」または「POWER O.I.S.」)が採用されています。そして、オリンパスのデジタル一眼(最近のものに限る?)では、レンズ内手ブレ補正も使うことができます(この場合、ボディ内手ブレ補正はオフになります)。つまり、オリンパスのデジタル一眼では、ボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正の両方を使うことができるのです。まさに、「良いとこどり」です。使用できるレンズの選択肢が、大幅に広がり、嬉しい限りです。

 ただ、ネットでのクチコミなどを見ると、オリンパスのボディ内手ブレ補正は、いまひとつ評価が高くないようです。そこで今回は、私のカメラ、オリンパスE-PM2で、ボディ内手ブレ補正の効果を調べてみました。(E-PM2は、同じオリンパスのE-PL6などと同等の手ブレ補正機構(2軸)を搭載しているようです。E-M5やE-P5の5軸補正には劣ります。)


★手ブレ補正有無の比較実験
 手ブレ補正有無で、同じ条件で撮影をして、結果を比較しました。撮影条件は、次の通りです。
 ・使用カメラ:OLYMPUS E-PM2(ミラーレスカメラ「PEN mini」)
 ・使用レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(単焦点レンズ)
 ・画像サイズ:3Mサイズ(1920×1280)
 ・絞り値  :F5.6固定
 ・ISO感度  :オート(ISO250~2500)
 ・シャッタースピード:1/10, 1/20, 1/50, 1/100 の4通り

 撮影対象は、本棚の絵本です。カメラからの距離は、2mくらいです。立った状態で、カメラを両手で構えて撮影しました。
 まず下は、手ブレ補正オン(S-IS1モード=2軸補正)の場合です。シャッタースピードは1/10です。かなり遅いシャッタースピードですが、目だった手ブレはありません。手ブレ補正が、よく効いています。
SS10os_a.jpg
 次に下は、手ブレ補正オフの場合です。手ブレが目立ち、失敗写真になってしまいました。
SS10bure_a.jpg
 以上のような写真を、シャッタースピードを変えて撮影して、手ブレ補正有無で比較しました。


★手ブレ補正が効いています!
 分かりやすいように、絵本の文字の部分を切り出して、比較しました。下表の通りです。
シャッタースピード手ブレ補正なし手ブレ補正あり
1/10SS10bure.jpgSS10os.jpg
1/20SS20bure.jpgSS20os.jpg
1/50SS50bure.jpgSS50os.jpg
1/100SS100bure.jpgSS100os.jpg


 手ブレ補正有無の違いは、きわめて明瞭です。手ブレ補正オフだと、シャッタースピードが遅くなるにしたがって、画像のブレが大きくなってしまいます。この条件では、シャッタースピード1/100より早くしないと、ブレが目立ってしまうようです。
 対して、手ブレ補正オンでは、シャッタースピードを1/10まで遅くしても、ほとんど手ブレが見られません。とても優秀な手ブレ補正効果だと思います。
 手ブレ補正なしだと1/100→ありだと1/10までシャッタースピードを上げられます。約3段ぶん(シャッタースピード8倍ぶん)以上の、手ブレ補正効果がある、と言えそうです。


★まとめ
 オリンパスのミラーレスカメラ「PEN mini、E-PM2」について、ボディ内手ブレ補正の効果を検証しました。
 今回の実験条件では、シャッタースピードを1/10まで遅くしても、目だった手ブレは観察されませんでした。手ブレ補正なしと比較すると、3段分(シャッタースピード8倍)以上の補正効果があると考えられます。

 とても優秀な手ブレ補正効果だと思います。


(補足)
 クチコミでよく話題になる「微ブレ」も気になるので、この後、検証実験を試みました。
 →こちらの記事


応援よろしくお願いします:
写真日記
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL







Copyright © 今日のおじさん、なに食べました? (仮). all rights reserved.